内祝いの基本知識について

結婚や出産など、おめでたいときがあった時には周囲から贈り物をもらうでしょう。お返しとして内祝いを贈りますが、そもそも内祝いとはどんなものなのでしょうか。ここでは、内祝いの意味やマナーなど基本的な知識について紹介していきます。

内祝いにはどんな種類がある?

内祝いとは、身内の中でおめでたいことがあったときに周りの人にも喜びをお裾分けする意味が込められた贈り物です。現在では、お祝いのお返しをするという形が多いですが「お返し」というと失礼にあたるため、内…

内祝いとお返しはどう違う?

内祝いもお返しも感謝の気持ちを伝えるために贈るものに変わりはありません。しかし、その2つの意味合いは実際には明らかに異なっています。お返しとは何かを頂いた時に、それに対するお礼として贈ります。…

内祝いを贈るときのマナーについて

内祝いは半返しがマナーです

内祝いは、子どもを無事に出産した際にもらった出産祝いへのお返しとして贈るものです。ただ初めての出産の場合、子育てで忙しく、なかなか出産内祝いにまで手が回らないことが多いものですよね。出産内祝いを贈る際は、相手があることなのでマナーをきちんと守ることが大切です。絶対に気を付けなければいけないことは、内祝いの金額です。親戚や上司などに感謝の気持ちを伝えるために、ついつい高額な商品を選んでしまう人は少なくありません。ただ内祝いの商品を選ぶ際、もらった出産祝いの半額の物を選ぶことがマナーです。また、もらった出産祝いが高額だった場合、3分の1程度の金額が目安となります。あまりにも高額なものをお返しに渡すと反感を買うので、気を付けましょう。

内祝いに贈ってはいけないアイテム

出産内祝いを会社の上司など目上の方に贈る際は、品物選びに細心の注意を払う必要があります。実は、年上の人に贈ると失礼になる品物があるからです。たとえば、下着や靴下などの品物は、生活に困っているという意味に認識されてしまうので厳禁です。さらに、ベルトも気を引き締めろという意味があるので贈ってはいけません。その他にも、出産内祝いとして現金や商品券やギフトカードを贈る人は増加傾向にありますが、年上の人に金銭類を贈ることは上から目線だと思われかねません。失礼に当たるので、絶対にやめた方が良いでしょう。先輩に贈る商品をどのように選べばいいか分からない場合は、相手が商品を自由に選べるカタログギフトにすれば失敗することがありません。

変わりゆく「内祝い」

本来の「内祝い」は「身内の喜びのお裾分け」を意味し、お祝いの「お返し」ではありませんでした。現在は、結婚や出産、新築や快気等にお祝いをいただいた方に対して、贈ることが一般的となっています。

内祝いに贈る品物の選び方

近年では贈り物の種類は多様化していますし、品物選びには頭を悩ませますよね。内祝いのシチュエーションごとに選び方のポイントについて紹介していきますので、何を贈れば良いのか迷っている方の参考にあれば嬉しいです。

出産内祝いの選び方

一般的に内祝いは、お祝いをいただいてから1ヶ月をめどに贈ると良いとされています。出産祝いは嬉しいけれど、慣れない育児の中で内祝いを選ぶのは大変と考える人も多いと思います。そこで、出産準備の一つとし…

結婚内祝いの選び方

結婚式の引出物とは違って、相手の顔を思い浮かべながら贈り物を選べるのが結婚内祝いの良いところ。結婚式に出席できなかった人からお祝いを頂いたら、結婚内祝いを選ぶ準備に入りましょう。ご祝儀と一緒に贈り…

初節句内祝いの選び方

初節句内祝いをする時、どのくらいの金額のものを選べばいいのでしょうか。予算の相場はだいたい、お祝いでもらったお金や商品の値段の半額ほどとなっています。お返しはお祝いしてもらった日から、1週間以内を…